投資・通貨 資産運用 

仮想通貨・投資情報についてお知らせ

記事一覧

バイナリーオプション 今日の結果

バイナリーオプション

 

【資金管理】

安定して収益を上げていくには資金管理が必要不可欠です。

相場は生き物であり突発的なアクシデントにより
相場の荒れが発生し、負けるということも想定されます。

この突発的なアクシデントというのは
例えば大地震だったり、天変地異などによって
急激に円安になったり相場が乱高下することを指します。

また経済指標情報というのもあります。

そういった時に、あなたの資金を全額だったり、
半分だったりを投下してトレードしていると、
あっと言う間に全額がなくなることも
考えられますので、必ず資金管理を徹底してください。

 

資金について【20分の1】をオススメします。

つまり10万円の元金の投資金があれば、1回のトレードは5,000円となります。
トレードすると、意図せず博打トレードなどをしてしまっていることも
ありますので、まずは少額でやってみることをオススメします。

 

 

資金が増えていきますと、トレード金額も増えて行きますので複利増幅感覚で
口座が維持出来ます♪

 

今日は金曜日ですので、明日あさってはトレードできませんので

よろしくお願いいたします。

 

ハイロー オーストラリア 今日の結果

4勝1敗です!掛け金2000円-3000円

12

バイナリー・オプション おススメはハイロー

バイナリーオプション資産運用報告

 

上か下かをベットするだけ簡単な投資です。

 

バイナリー・オプション

 

バイナリーオプションとは

イン・ザ・マネーの状態で判定時刻を迎えた場合、固定額の支払いがなされる金融商品です。アウト・オブ・マネーで判定時刻を終了した場合にはペイアウトを受けることはできません。この商品は2.0倍のペイアウトを得る可能性があるレバレッジ商品です。

バイナリー・オプションの利点は?

通常の外国為替証拠金取引と比較して、
・常時ポジションを監視し続ける必要が無く、利食い・損切りで悩む必要も無い。
・取引する前から、最大損益額が把握できる。
・1,000円から取引が開始できる。
・取引のしくみ・流れがシンプル
という点が挙げられます。

 

HighLowオプションとは

当社のHighLowオプションは、仲値(アット・ザ・マネー)を基にした一般的なバイナリー・オプションです。HighLowのペイアウト倍率は1.8倍から1.9倍です。

スプレッドHighLowとは

売値と買値で建値された新しいタイプのオプション取引で、外国為替市場における価格設定のスタンダードな方式です。
スプレッドHighLowは2.0倍のペイアウトを採用しており、投資額を2倍にすることができます。
このタイプのオプションは、大きな市場の変化を期待し、高いペイアウトを求める投資家に適した取引です。

 

オンデマンドとは

オンデマンドとは、任意のタイミングで回号を始められるオプションです。今後、1分、3分、5分といった、様々な判定時刻のオプションを提供する予定です。オンデマンドの取引につきましては、ホームのオンデマンドのタブをご覧下さい。

 

購入締切時刻とは
取引中に転売することができますが、購入締切時刻になると転売機能が使用できなくなりますのでご注意下さい。
1分オプション - 転売はできません。
3分オプション - 1分前まで転売可
5分オプション - 1分前まで転売可
15分オプション - 2分前まで転売可
1時間オプション - 5分前まで転売可
1日オプション - 10分前まで転売可

 

hi

 

 

ビットコイン 公共料金の支払いに導入へ

ビットコイン 公共料金の支払いに導入へ

「仮想通貨に新たな動き」

 

2年前に取引仲介業者の経営破綻で注目を集めたインターネット上の仮想通貨、ビットコインが今、再び盛り上がりを見せ、世界で利用者が急速に増えています。こうした中、東京の電力小売り会社が電気料金の支払いにビットコインを導入することを決め、国内で初めて公共料金の分野での利用が始まる見通しになりました。

ビットコインは世界の有志が開発し、どの国にも属さないインターネット上の仮想通貨として注目を集めましたが、2年前、東京・渋谷にあった大手取引仲介業者の経営破綻で市場は衰退するという見方が広がりました。
しかし、再びここにきて世界で利用者が増え続けていて、流通量は日本円にして1兆円と1年前の3倍に達しているほか、国内でも2500の店舗ですでに導入されています。

こうした中、ことし4月に電力の小売りに参入した東京のガス会社が、ことし11月から、電気料金の支払い手段としてビットコインの導入を決めたことがわかりました。公共料金の支払いをビットコインで受け付けるのは国内初だということで、この会社では、将来はガス料金などにも導入することを検討しています。

ビットコインを導入する三ッ輪産業の尾日向竹信社長は「人口が減る中、これまでのガス事業が縮小する危機感があり、新たな客としてビットコインの利用者を開拓しようと導入を決めた。ビットコインの利便性は高く、新たな決済手段として使いたいというニーズに先陣を切って応えたい」と話しています。

bitt

ビットコインとは

ビットコインは、どの国にも属さない世界共通の通貨として、2009年に有志の手で誕生したインターネット上の仮想通貨です。
最大の特徴は、中央銀行のような流通を一元的に管理する仕組みがなく、取り引きの情報を暗号化して安全を保っていることで、決済や送金のコストが安いことも特徴です。
通貨と換金する「取引所」と呼ばれる仲介業者もあり、当初は投機目的が中心でしたが、世界では、さまざまな企業がビットコインを導入し始め、商品の売買をはじめとした決済に使っています。
その一方で、匿名で取り引きができるため、違法な薬物の売買など犯罪への悪用も懸念されています。

ビットコインで治療費支払い

東京・銀座で歯科医院を営む新谷悟さんは、ことし2月からビットコインでの治療代の支払いを受け入れています。
医院の端末で、ビットコインの財布に当たる専用のアプリを開いて治療代を入力すると、決済用の画面が表示され、患者のスマートフォンでそれを撮影するだけで支払いは完了です。
すでに日本人の利用者がいるほか、東南アジアから高額の治療を受けに来た患者が利用することもあり、クレジットカードと比べて決済の手数料も安いということです。
新谷さんは「財布から財布にお金が一瞬で飛んでくるのはすごいと思った。安全性や価値が確立すれば、一気に活用が増えると思う」と話していました。

bit

ビットコインへの期待と課題

今回の公共料金の支払いは、ビットコインの決済サービスに当たる東京・渋谷のベンチャー企業が電力小売り会社と提携してシステムを作っていて、顧客はこのベンチャー企業にビットコインで料金を支払い、その分の日本円が小売り会社に入る仕組みです。
ビットコインをはじめとした仮想通貨をめぐっては、ことし5月、法律で「不特定多数の間で物品やサービスの購入に使える」と定義され、取り引きを仲介する業者には金融庁への登録が義務づけられました。
このベンチャー企業では、これによってビットコインの信用が上がり、さまざまな決済への活用が広がると期待しています。
決済サービスを提供するベンチャー企業、レジュプレスの大塚雄介取締役は「生活に関わるものがビットコインで支払え、ほぼお金と同義で使えるようになる時代の変わり目にあると思う」と話しています。

その一方で、国内での決済や海外への送金にビットコインを使った場合、税金の処理をどうするかが定まっていないほか、従来の通貨との交換レートが安定しないなど、普及に向けては課題も残されています。
国際大学GLOCOMの高木聡一郎准教授は「税金をどうするかとか、決算をどうするかなど、経済システム全体の制度がまだできていない。また、新しい技術だけに利用者もリスクについて学んでおく必要がある」と話しています。

仮想通貨4種おススメ

仮想通貨4種おススメ

 

仮想通貨について

仮想通貨といえばやはり「ビットコイン(Bitcoin)」のイメージが強いですよね。

世の中にはおよそ750種類以上の仮想通貨があるようで、さらに通貨の種類は増え続けています。

 

●リンクドコイン(LINKED)

リンクドコインは順調のようです。毎日海外から新規参加者がでてきていますので

次回3回目も10月半ば過ぎあたりではないでしょうか?

楽しみに待ちましょう!

a

 

 

●ビットコイン(Bitcoin)

もはや説明不要な程だと思います。2016年特に今最も勢いがありますし安定している仮想通貨です。

リンクドコインを購入するのも、ビットコインで買えますので、資産投資として考えている方なら、ビットコインでリンクドコインを購入して運用したらいいかと思います。

 

日本でビットコイン(Bitcoin)を使えるお店は極めて少ないのですが、海外ではかなり増えてきました。

ビットコインの特徴

発行体がそもそも存在せず、ユーザー全体でビットコインの管理・発行が行われる
発行できるコインの上限が2100万BTCまでと決められており、この上限があることによりインフレの懸念を最低限に抑えることができています。
取引が全体に公開されているためデータ内容の書き換えや通貨の偽造などが不可能である
世界中の誰でもアドレスを指定すれば即座にほぼ無料で送金ができます。
これらの特徴からビットコイン(Bitcoin)のメリットは

「海外送金が簡単にできる」

「銀行やクレカなどの決済と比べて手数料が極めて安い」

「発行体が無いため口座のように凍結したり、経済の影響などを受けにくい」

などがあります。

 

●リップルコイン(Ripple)

ビットコインの次に代表的な仮想通貨と言っても良いと思います!

リップルはビットコインにはない新しいメリットもあります。

 

Rippleの特徴

ビットコイン同様に決済の際の手数料が極めて安い
決済のスピードがビットコインが10分程度かかるのに対してRippleは2,3秒で済む
ドル、円、ユーロ、ビットコイン等どの通貨にも両替が可能
価格変動の安定感がある
ビットコインとは違い管理会社が存在するためそのセキュリティ能力が高い
Rippleは、ビットコインの欠点をある程度補っている仮想通貨と言えます。

ripplecoin_1-1024x576

 

●エイダコイン(ADAコイン)

 

エイダコインを購入するメリットはどこにあるのでしょうか?

まず、今までの暗号通貨は使えるところが限られていたりするために、購入したとしても使えないため、あまり利便性がよくありませんでした。

特に日本においては利便性を理解していない人が多いことと、国内で利用するには必要性が少なかったことなどが暗号通貨の広がりを阻害していた要因であると考えられます。日本は世界と比べてお金に関して非常に恵まれた環境であると言えます。

しかし、世界中で暗号通貨の利便性が重要視され大企業が参入するほどの大きな市場となってきています。

エイダコインはその暗号通貨の業界を大きく引っ張っていく新たな通貨として今、非常に注目を浴びています。

周りが知らない今だからこそ、エイダコインを購入しておくことで世界の情勢が見えることも多いでしょう。

また、通貨であるということは値段に変動があります。

かの有名な元祖暗号通貨のビットコインなどは当初は0.1円の価格でしたが2016年5月末現在では60000円前後まで上昇しています。

エイダコインは2015年9月販売開始時の価格は0.2セントからです。
プレセール期間中は最低購入額が1000ドルからですが今後の価格変動に大きな期待が寄せられています。

出典 http://www.cardano.biz/howtoada.html

 

ADAコインは2016年12月に公開予定

開発途中の注目の仮想通貨なので、今投資しておけば当初のビットコインのように化けると思われます。

 

 

※MUFGコイン

2017年の秋頃から三菱東京UFJ銀行が独自の仮想通貨である「MUFGコイン」

対民間人に対して発行することが明らかとなりました。

 

「MUFGコイン」のMUFGとは三菱UFJファイナンシャルグループの略です。

 

大手銀行の仮想通貨発行は世界でも異例の試みですのでかなり注目ですね!

 

あなたの投資は?